1打差4位Tにつける辻、最終日逆転を狙う!(撮影:ALBA)

写真拡大

<LPGA新人戦 加賀電子カップ 初日◇9日◇グレートアイランド倶楽部(6,480ヤード・パー72)>
 当年のプロテストに合格した選手のみが出場できる『LPGA新人戦 加賀電子カップ』。その初日、辻梨恵が初日最多となる6バーディを奪い4位タイにつけた。
辻梨恵の特選PHOTOを写真館でチェック!
 辻は1番で6mを沈めてバーディ発進を決めると、2番で4m、3番では3mを決めて3連続バーディ。ロケットスタートに成功。さらに5番ではピンそばにつけ、OKバーディでスコアを伸ばしていった。
 7番8番で連続ボギーを叩くが、折り返して12番で10mをねじ込み1つ取り戻すと14番でもバーディを奪いスコアを戻した。その後1つ落としたが3アンダーでホールアウト。首位と1打差と好位置で最終日を迎えることとなった。
 辻は先週のファイナルQTを33位でフィニッシュ。「来年はほとんどの試合に出られる。ホッとしました」と改めて安堵の表情を浮かべた。今季はレギュラーツアー出場6試合にしか出場できず、ステップツアーを主戦場としてきただけに喜びもひとしおだ。
 そして今週も優勝争い。「QTのあとは疲れを取ろうとケアを優先的にやりました」と過密なスケジュールの中でも生涯一度の戦いに向け体調もしっかりと整えた。「一度しか出場できない戦い。優勝に懸ける想いはかなりあります」と気合いも十分。2013年に「グアム知事杯」を優勝するなど将来を嘱望されている21歳が、来季の飛躍に向けてまずは一流プロの登竜門で優勝を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】