低所得者ほど穀類の摂取量が多い 厚生労働省の調査で判明

ざっくり言うと

  • 所得によって食事や歯の本数などに差がみられると厚労省の調査で分かった
  • 所得が600万円未満の世帯の人は米やパンなど穀類の摂取量が多いと判明
  • 食事への意識の低さ、時間がないことから主食中心に偏っているとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング