マロニエ オ ショコラ

写真拡大

パティスリー・サダハル・アオキ・パリでは、日本1号店の丸の内店をオープンしてから今年で10周年を迎えたことを記念して、2015年4月から2016年3月までの1年間「AOKI Festival」として新商品や復刻商品を販売しています。

12月から2月まで3か月の「冬シーズン」を彩るのは、クリスマスやバレンタインといったイベントギフトにもぴったりなショコラスイーツたちです。

「ガレット デ ロワ」は人気作と新作2種

「マロニエ オ ショコラ」(1100円)はマイルドで濃厚なショコラオレクリームをマカロン生地でサンドしたもの。ショコラクリームにはコーンフレークが入っていてサクサク食感も楽しめます。さらに大粒のマロングラッセがのせられ、見た目から贅沢な一品です。

うって変わって真っ赤な姿が特徴なのが「センシュエル」(891円)。フランボワーズのジュレと濃厚なクリームショコラオレが酸味と甘みをバランスよく味わわせてくれる、名前通り「官能的な」ケーキです。

フランスの伝統菓子「ガレット デ ロワ」は、人気の「ガレット デ ロワ ナチュール」(3700円)と新作「ガレット デ ロワ キャラメル ノワゼット」(3950円)の2種を用意。発酵バターを贅沢に使用したパイに、ナチュールはラム酒を聞かせたアーモンドクリーム、キャラメル ノワゼットはキャラメル風味アーモンドクリームをたっぷり入れています。

他にも復刻商品含め販売されます。商品によって発売期間や店舗が異なりますのでご注意を。詳細は公式サイトへ。