写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●発表から3年を経て動き始めた市場
ゼネラルモーターズ・ジャパンが12月8日に開いた会見で、同社が日本市場に投入する「キャデラック」と「シボレー」の2016年モデル全車種にAppleのCarPlayを標準搭載すると表明して話題になった。「そういえばCarPlayってどうなったのだろう?」と思い出した方もいるかもしれないが、CarPlayの現状を追いつつ、日本市場での展開を含む今後について考察してみる。

○コンセプトの発表は2012年

CarPlayのコンセプトが最初に発表されたのは、2012年6月に米カリフォルニア州サンフランシスコで開催された開発者向けカンファレンス「WWDC 2012」の基調講演だ。当初の名称は「Eyes Free」で、自動車のハンドルに搭載された専用ボタンやSiriを使って、車載エンタテインメントシステムに接続されたiPhoneを「ハンズフリー」の状態で操作できるようにする仕組みとして提案された(この専用呼び出しボタンの件はAppleが独自に公表したもので、後に自動車メーカーらと一悶着あったという話もある)。

当時、米国では携帯の操作に起因する事故の増加で、自動車運転中での携帯操作を禁止する州が増加するなど、全土で規制を進める気運が高まっていたタイミングだ。さらに、2012年秋にリリースされた「iOS 6」では、それまで地図サービスの提供をGoogleに頼っていたAppleが、初めて自社開発の地図サービスを組み込んだタイミングでもある。GoogleがiOS向けに提供していたGoogle Mapsでは、当時Android版で提供されていたナビゲーション機能がなく、Appleがサービスとアプリを独自開発することでiOS 6の目玉機能としようとしていた背景がある。多くが知るように、iOS 6の時点でのApple Mapsの評価はさんざんなものだったが、後に少しずつ改良が進んで現在に至っている。

この2012年のWWDCのタイミングではGMを含む9社のパートナーの名称が発表されたが、結局同年中に提供されたのは、ホンダなどが一部機種に用意した同機能対応のオプションにとどまっていた。

翌2013年6月の「WWDC 2013」ではその名称を「iOS in the Car」と変更し、パートナーも12社がリストアップされていた。このタイミングでGMの名称は消えているが、代わりに傘下の「Chevrolet(シボレー)」が加わっている。まだこの時点では「iOS in the Car」の正式なリリースタイミングについての言及はなかったが、同年秋にリリース予定の「iOS 7」の目玉機能の1つとされていた。

●2015年になって動き始めた市場
○「CarPlay」の名称は2014年に登場

だがiOS 7のリリースされた2013年9月時点では同機能はサポートされず、「iOS in the Car」改め「CarPlay」が2014年3月にスイスのジュネーブで開催されたGeneva Motor Showで正式発表されるのを待つ必要があった。この時点でのローンチパートナーはFerrari、Mercedes-Benz、Volvoの3社で、CarPlayの機能そのものは同年3月後半にリリースされた「iOS 7.1」で有効化された。

このCarPlayに最初に対応したのは同年9月にリリースされたFerrari FFであり、その後2015年にかけて何社かが続いている。本格的にラインナップが拡大したのは、2016年モデルの登場し始めた2015年後半からで、MacRumorsに対応ラインナップがまとめられていることが確認できる。このほか、パイオニアのように車載エンタテイメントシステムに統合するタイプのCarPlay対応製品を出しているメーカーもある。

CarPlay搭載のための試作システムは2014年から2015年初頭にかけていくつか見かけたが、これらが実際の製品に落とし込まれてデビューするのは2016年後半以降とみられ、現在すでに市場投入されている製品はかなり早い段階で取り組みが行われていたケースだろう。つまり、CarPlayにつながる最初のコンセプトがAppleによって発表されてから、市場が立ち上がり始めるまでに実に3年半〜4年もの月日を必要としたわけだ。

○CarPlayは日本で流行るのか

さて、気になるのは、このCarPlayがどこまで日本市場に広がるかだ。日本のスマートフォン市場で5割近いシェアを握るiPhoneのことを考えれば、CarPlayは魅力的な機能にも思える。実際、楽曲や日々の作業データをiPhoneで持ち歩いているユーザーは多いと思われ、これらを車載エンタテインメントシステムへと転送して車内で音楽を聴いたり、あるいはSiri連携でスケジュールやメールの確認を行ったりと、活躍の場面はいろいろ考えられる。

とはいえ、CarPlayで提供される大きな機能の1つであるナビゲーションの扱いが日本と海外で異なるという問題もあり、この点で評価が分かれるかもしれない。長らく海外市場でのカーナビの主流はPND(Personal Navigation Device)のような取り外し可能なオプションであり、車上荒らしが多いという背景に根付いていた。

後にAndroidやiPhoneがナビゲーション機能を搭載し、それが機能的にこなれてくると、しだいにPNDのような専用デバイス市場は縮小していった。ちょうど入れ替わりの時期にCarPlayやAndroid Autoが登場したこともあり、スマートフォンと車載システムとの連携で重要なのはエンタテインメントだけでなく、ナビゲーション機能も包含していくことが重要となった。

●CarPlayは市場に浸透するか
○普及に向けた課題は?

ところが、iOSのApple Mapsが持つナビゲーション機能は日本の道路で誘導を行うには不十分で、よく指摘されるがVICSなどの交通情報案内サービスを機能的にサポートしない。そのため、既存のカーナビと組み合わせが必要となる。本来、CarPlayのような仕組みは、ディスプレイオーディオを搭載して「パネル操作」と「ディスプレイへの情報表示」に特化し、ナビゲーション機能を含むインテリジェントな部分はiPhone側に任せるというスタイルが理想だと思われる。Apple Maps以外のカーナビアプリを提供する方法もあるが、当面は両者が併存して互いが補完し合う状態が続くと思われる。

今回、GMでは新車の日本投入にあたって全モデルでのCarPlay搭載を表明したが、シボレーとキャデラックの年間販売台数シェアは1%未満で、米国ほどの影響力はないだろう。おそらくは、CarPlayの対応車種が増えて日本に浸透していくには、北米市場よりもさらに時間がかかるはずだ。特に国内最大シェアを持つトヨタは当面の対応を見送っており、現在のところ、前述のパイオニアのような後付けナビを利用する以外にない。

○CarPlayのライバルはApple製品!?

このようにCarPlay市場がようやく立ち上がりつつあるなか、Appleはすでに次の視野が見えているといわれる。もともと、CarPlayのような仕組みの開発は車載インフォテインメントの先にある「自動車制御」の世界への第一歩だと考えられている。

同じような仕組みを提供するGoogleも同様の考えを持っていると考えられるが、この部分は自動車メーカーの聖域であり、絶対にAppleやGoogleのような新興メーカーの侵入を許すことはないだろう。

そのため、Apple自らが自動運転車の開発を視野に同分野への参入をうかがっているという話がたびたび出ており、CarPlayが市場に浸透するよりも先に「Apple Car」のようなものが先にデビューしてしまう可能性もある。Apple Carの最初のタイムラインは2019年が目安だとされているが、日本ではどちらが先に本格的に立ち上がることになるのか、その意味で楽しみだ。

(Junya Suzuki)