ピンホールカメラの仕組みを表す「とびだす絵本」

写真拡大

ピンホールカメラに変身する「とびだす絵本」を紹介。制作者は、実際に使えるレコードプレーヤーやプラネタリウムも紙でつくっている。

「ピンホールカメラの仕組みを表す「とびだす絵本」」の写真・リンク付きの記事はこちら

デザイナーのケリー・アンダーソンは、を愛している。「わたしの作品において、紙は絶対的な美です」と同氏は述べる。

アンダーソン氏は、実際に使えるレコードプレーヤーを紙で制作したこともある。同氏の最新プロジェクトは、実用的なピンホールカメラに変身する「とびだす絵本(ポップアップブック)」だ。

この作品には、『This Book is a Camera』(この本はカメラです)という、そのものずばりのタイトルが付けられている。

折ったり切ったり内側に押し込んだりといった作業を繰り返すと、この本は、実際に使えるピンホールカメラになる。カメラといっても、大きめの針穴から差し込む光と、「ILFORD」ブランドの写真用紙、そして現像液を使って写真をつくり出す、原始的なものだ。

1枚の写真用紙をカメラの中に入れ、構図を決めてシャッターを手で開いて閉じると、写真の出来上がり。アンダーソン氏は、「How It Works」セクションで、「最もシンプルなカメラレンズ」だと説明している。

This Book is a Cameraのカメラは原始的なものだが、そのシンプルさに、魅力と啓発性がある。なにしろ、光の物理的性質を、自らの手でつかむことができるのだ。

アンダーソン氏は、物理的特性をシンプルに理解できる仕組みをつくり出すことが好きだ。紙製のレコードプレーヤーをデザインしたときには、小さな振動する音波を集める針と、音波を増幅するトンネル状の紙をつくりだした。

「テクノロジーは仕組みを隠してしまいますが、紙でつくられた装置は仕組みをはっきり見せてくれます」と同氏はブログで述べている。「紙が、音の増幅や、写真の撮影といった、普通とは違うことをすると、なぜそうなるのか、人は説明を探し始めるのです」

今回の本や、同氏の次作品『This Book is a Planetarium』(この本はプラネタリウムです)は、小学生向けの学習教材として魅力的だ。しかし、あらゆる年代の人が、紙の制作物がもつ直観的なパワーを感じることだろう。

「少し手を加えるだけで、紙がもつ可能性は大きく広がるのです」とアンダーソン氏は語っている。

関連記事:ペーパーアーティスト、マリアンヌ・ゲリーが日本へ捧げた「桜の精霊」

TAG

BookCameraVideoWIRED US