『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 ©2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

2016年冬に全国で公開される映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』から場面写真が公開。あわせて登場人物のキャラクター設定も明らかになった。

【もっと大きな画像を見る】

『ハリー・ポッター』シリーズの約5年ぶりの新作となり、物語の舞台をイギリス・ロンドンから1926年のアメリカ・ニューヨークに移す同作。公開された場面写真では、主演のエディ・レッドメインが演じるニュート・スキャマンダーが、スーツケースを手にしている様子が確認できる。

ニュート・スキャマンダーは、ハリーやハーマイオニーたちがホグワーツ魔法学校で使っていた教科書『幻の動物とその生息地』を編纂した人物で、「魔法動物学」の魔法使いであるという役どころ。人間といるより、獣や動物に囲まれている方が楽だと感じる性格になっている。手にしているスーツケースは、スイッチを入れると魔法使い以外には中身が見えなくなるという魔法のアイテム。劇中ではスーツケースにいれておいた魔法動物が逃げ出したことをきっかけに、米国魔法界と衝突してしまい、ニュートが追われる立場になるという。

また同作のヒロインは米国魔法省で働いている魔法使いのポーペンチナ“ティナ”・ゴールドスタイン。キャサリン・ウォーターストンが演じるティナは正義感が強く、ニュートと行動を共にするという役どころだ。アリソン・スドル演じるクイーニ―・ゴールドスタインはティナの妹で、相手の思考や記憶を読み取る「開心術」の魔法使い、ダン・フォグラー演じるジェイコブ・コワルスキーはニュートとの出会いをきっかけに魔法界に誘われる人間の工場労働者で、シリーズを通して初めて魔法使いではない仲間となる。