写真提供:マイナビニュース

写真拡大

気象予報サイト「ウェザーニュース」を運営するウェザーニューズはこのほど、ふたご座流星群観測のための12月14日夜〜15日早朝の全国の天気傾向を発表した。

ふたご座流星群は年間3大流星群のひとつにも数えられ、国立天文台によると、ピーク時には1時間に40個以上の流星が見られることもあるという。2015年の出現ピークは12月14日夜〜15日早朝で、月明かりの影響がないため、天気がよければ前後約10年間で最高の観測条件となる見込み。

同社によると、ふたご座流星群がピークとなる14日夜〜15日早朝は、弱い低気圧や湿った空気の影響で全国の広い範囲で雲が広がりやすくなる。一方で、月明かりの影響はないため、雲の切れ間を狙えば十分に観測を楽しめるとのこと。中でも高気圧に近い北海道の日本海側ではよく晴れ、観測に絶好の夜空となる見込みとなっている。

低気圧に近い九州南部などでは、厚い雲が広がり観測には厳しい条件となる予想。低気圧や前線、高気圧の位置次第で雲の広がり方が変化するため、最新の情報に注意が必要だという。