画像

写真拡大 (全2枚)

 ネクストは、12月8日、利用者の好みを学習して物件情報を提案するアプリ「HOME’Sヘヤサク!」の提供を開始した。

 「HOME’S」を運営するネクストは、12月8日、利用者の好みを学習し、それに応じた部屋を提案するiOSアプリ「HOME’Sヘヤサク!」の提供を開始した。同アプリは、部屋を探したいエリアを指定すると、次々に表示される物件情報を見ながらカードをめくる感覚で「気になる」または「興味なし」を選択していくだけで、好みに合った部屋を見つけられるというもの。

 従来の部屋探しのような細かな検索条件の設定は一切不要。自分好みのお部屋を選んでいくことで、アプリがどんな部屋を探しているのかを少しずつ学習し、好みの条件に近い物件情報を表示してくれるようになる。気になる部屋が見つかれば、もちろん不動産会社への問い合わせも可能。

 なお、同アプリのレコメンデーションエンジンは社内の技術研究・開発部門リッテルラボラトリーユニットにて開発中のもの。同アプリで得られた知見は今後の研究に活かされる予定。

MarkeZine編集部[著]