画像

写真拡大

 総合PR会社のベクトルは、マイクロアドデジタルサイネージと業務提携を締結し、デジタルサイネージ事業に参入することを発表した。

 総合PR会社のベクトルは、マイクロアドデジタルサイネージ(以下、MADS)との業務提携を締結すると同時に、転換社債型新株予約権付社債1億円を引受け、デジタルサイネージ事業に参入することを発表した。

 今回の業務提携により、拡大が予測されるデジタルサイネージの需要の獲得、海外からの旅行者に向けたインバウンドマーケティング施策を視野に入れたソリューションを両社で開発する。また、これまで可視化が難しかったデジタルサイネージの効果測定・検証などにも取り組み、オンラインとオフラインの垣根を越えた新たな手法の開発を行うとともに、2016年2月末までに100件の動画制作および配信を目指す。

MarkeZine編集部[著]