写真提供:マイナビニュース

写真拡大

佐藤製薬はこのほど、「忘年会シーズンの肝臓疲労度」に関する調査の結果を発表した。調査は11月24〜26日にインターネット上で行われ、2015年12月に忘年会の予定がある男女あわせて824名から回答を得た。

はじめに12月に行われる忘年会について調査した。忘年会の実施予定日を全てあげてもらったところ、12月18日が16.6%と最も多い結果となった。また回数については、約9割の人が1〜3回と回答。中には9回という人もいた。

次にお酒を飲む日数について、普段の1カ月と忘年会シーズン(12月)の1カ月を比較した(自宅で飲む日数を含む)。すると、12月の忘年会シーズンは1カ月あたりに飲む日数が全体的に増えていることがわかった。続いて、「忘年会シーズンに体の疲れなど体調不良の症状がでることはありますか」と質問した結果、59%の人が「症状が出る」と回答。具体的な症状としては、「身体がだるい(倦怠感)」(40.7%)、「眠気がひどい」(23.2%)、「首や肩が凝る」(16.4%)が上位に入った。

最後に、何かしらの肝臓をいたわる活動をしているか聞いたところ、71%の人が肝臓の健康状態に気をつかっていることがわかった。その内容の1位は「睡眠をよくとる」(37.6%)となり、次いで「休肝日を作る」(28.0%)、「食事に気を付ける」(24.5%)が続いた。一方で、「特に何もしていない」という人は29.2%いた。