新「ハリポタ」主人公の姿解禁、“魔法のスーツケース”の中身がカギ。

写真拡大

「ハリー・ポッター」の新シリーズとして製作が進められている「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」。そんな本作の劇中シーン写真が、このたび初解禁された。

映画の物語はハリー・ポッターと同じあの魔法界。1926年の米ニューヨークが舞台となる。今回解禁された初写真に写っているのは、ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)に続き、“ハリポタ”シリーズをけん引することとなった主人公ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)だ。

エディ・レッドメインは、ウィリアム王子と同級生で、その後ケンブリッジ大学を卒業した名門の生まれ。モデルとしても活躍するイケメン俳優は、映画「博士と彼女のセオリー」で観る者を圧倒する演技を見せ、2015年アカデミー賞主演男優賞に輝いた。そして新“ハリポタ”の主役を射止めた、今最も注目を集める実力派俳優だ。

役どころは、ハリー・ポッターやハーマイオニーたちがホグワーツ魔法学校の授業で使っていた教科書“幻の動物とその生息地”を編纂した、魔法動物たちを研究した人物で、世界中を旅し発見した魔法動物たちを記録したり、捕獲する、魔法界きっての“魔法動物学”魔法使いだという。人といるより、獣や動物に囲まれていたほうが楽と感じる性格で、その手に持っているスーツケースは魔法のアイテムになっており、時に危険な魔法動物たちをめいっぱい詰め込んでいて、スイッチを入れると中身が魔法使い以外には見えなくなる仕組みになっているという。

スーツケースに入れておいた魔法動物が逃げ出したことをきっかけに米国魔法界と衝突してしまい、追われる立場になる物語で、米国魔法省壊滅を狙う謎の組織も現れ、窮地に陥るという。このアイテムが映画の重要なキーになる可能性がある。写真に映っているスキャマンダーは何かの危機から身を避けようとしているように見えるが、凄腕魔法使いの身にいったいどのような出来事が起こったのか、想像は膨らむばかりだ。

そして新シリーズのヒロイン役を射止めたキャサリン・ウォーターストンが演じるのは、米国魔法省で働いている魔法使い“ティナ”こと、ポーペンチナ“ティナ”・ゴールドスタインで、かばう相手をいとわない正義感の持ち主であり、主人公と行動を共にすることになる。

さらにアリソン・スドル演じる、クイーニ―・ゴールドスタインはティナの妹で、相手の心を開き思考や記憶を読み取る“開心術”魔法使い。ダン・フォグラー演じるジェイコブ・コワルスキーは、主人公に出会い魔法界にいざなわれる工場労働者で、シリーズ通して初めてとなる魔法使いではない人間の仲間となる。

ハリポタシリーズの原作者J.K.ローリングが、初めて映画のための脚本を書くべくペンを取った渾身の一作。シリーズ4作の監督、デイビッド・イェーツとのタッグとあって、これまでのハリポタの世界観を正当に受け継いだ新シリーズの完成が待ち遠しい限りだ。映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(配給:ワーナー・ブラザース映画)は2016年冬、全国公開。