「QAコネクト」を利用した連携イメージ図(写真:NTTレゾナント発表資料より)

写真拡大

 NTTレゾナントは8日、Q&Aデータを含むプラットフォーム「QAコネクト」をWebサービス・アプリ提供事業者に無償提供すると発表した。

 同社が今回提供する「QAコネクト」は、Webサービス・アプリ提供事業者が「教えて!goo」のQA投稿機能や3000万件のQ&AデータをAPIを通して導入できるプラットフォームである。

 これを利用することで、事業者は、さまざまなジャンルのWebサービス・アプリからQ&Aサービスをユーザーに提供できるようになる。

 同社は導入によって期待される効果として、利用する事業者は、ユーザーのアクティブ率・リピート率の増加や、提供しているサービス・コンテンツの連動による回遊率・滞在時間の増加などを挙げている。

 第一弾として、11社13サービスと連携する。同社は、今後、さらに「QAコネクト」の連携パートナーを拡大するために、応募サイト(http://oshiete.goo.ne.jp/qaconnect)からパートナーの募集を開始するとしている。