秋冬の美味しいもの代表といえばキノコ。今のうちにキノコをたくさん食べておけば、これからもっと本格的になる寒い季節に向けて、免疫力をアップしておくことができるのです。 なぜならキノコにはβグルカンというスーパー成分が含まれているから。ここではキノコの栄養を最大限に活かす食べ方をご紹介します。

キノコに含まれるβグルカンの働き

ほとんどのキノコに含まれるβグルカンは食物繊維の一種ですが、普通の食物繊維と違うのは、体内でタンパク質と結びつくことによって免疫力をアップする働きがあること。免疫力が高ければ、体内のウイルスや細菌をやっつける力が強くなるので、病気にかかりにくくなりますし、症状が出ても軽くて済みます。これからは風邪を引きやすくなる季節。今のうちにキノコで免疫力をアップさせておきましょう。また免疫は腸内環境とも関係があります。βグルカンは不溶性食物繊維なので、消化されずに腸まで届き腸内の老廃物を排出する働きもあります。つまり便秘解消や腸内環境の改善にも良いということになりあす。

キノコの中でもβグルカンが多いキノコはな〜んだ?

βグルカンはほとんどのキノコに含まれますが中でも含有量が多いのは、シイタケ、マイタケ、エリンギ、シメジ、エノキです。どれもスーパーで簡単に手に入るキノコばかりでしょう。できれば毎日キノコを食べた方が免疫力アップには効果的。安価で手に入るのも嬉しいですね。

βグルカンの力を最大限に活かす食べ方とは?

キノコはどれも低カロリーなので、毎日食べても大丈夫だしダイエットにも効果的。キノコ料理なら料理のかさを増すことができるので、見た目にもボリューミーで満足感が増します。ただし、他の栄養素とのバランスは大切です。キノコを野菜として考えることもできますが、いろいろなビタミンが豊富な野菜は別に食べましょう。もちろん肉や魚などタンパク質の摂取も必要です。

□キノコのパスタならオーツ麦や大麦使用の麺で相乗効果

穀類ではオーツ麦や大麦にもβグルカンが含まれています。簡単にできるキノコのパスタですが、パスタ麺にオーツ麦や大麦を使っているものを選ぶと、もっとβグルカンが摂取できます。

□フライパンで即完成! 豚肉とキノコの炒め物

コレステロールが気になる方は、糖質を代謝するビタミンB1を積極的に摂りたいもの。豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。βグルカンには腸内で不要なコレステロールを絡めとり排出する働きがあるので、相乗効果が期待できます。

毎日キノコはちょっとという方でも、キノコの種類を変えれば意外に飽きずに食べられるものです。簡単にできる料理で大丈夫。もっとキノコを食べましょう。


writer:岩田かほり