「IBM Swift Sandbox」はSwiftのコードをサーバ上で実行して結果が確認できるサイトです。Appleが開発した新しいプログラミング言語「Swift」の動作をブラウザ上で実行できます。

以下に使ってみた様子を載せておきます。

まずIBM Swift Sandboxへアクセスしましょう。左ペインにSwiftのコードを入力して「Run」を押せば実行することができます。シンタックスハイライトも効いてコードが見やすいですね。


151205_sw2.jpg


実行すると右ペインに結果が表示されます。もしエラーがある場合はそのエラーが表示されますよ。Xcodeが手元にないときや、Swiftを少しだけ触りたいという方には重宝するサイトですね。ぜひSwift学習の際に使ってみてはいかがでしょうか。


IBM Swift Sandbox

(カメきち)