【あすここ番組レポート】現役アイドルがアイドルを描いた小説『武道館』を読んだら

写真拡大 (全2枚)

 本好きなアイドルがお気に入りの本を紹介するツイキャス生放送「あすからココナッツ書店(営業中)」。12月3日の配信回は、朝井リョウさんの『武道館』(文藝春秋/刊)を特集した。

 『武道館』は、いつの日か、武道館に立つことを目指して活動してきたアイドルグループ「NEXT YOU」のメンバーたちの葛藤の日々を描いた青春小説。作者の朝井リョウさん自身が大のアイドルファンということもあり、現代のアイドル業界の問題点や、恋愛禁止などのタブーについても詳しく描かれている。

 現役アイドルとして、ライブ活動などもこなす優月心菜さんは、「この本で描かれているアイドルの苦悩はとてもリアルだと思います。“アイドルは偶像”とよく言われますが、アイドルは夢を売る仕事。暗黙のルールとして、人間らしいところを隠して活動しているところがあるんです」と語る。アイドルのブログやTwitterでは知ることのできない、リアルな悩みがこの小説には描かれているのだという。

 「NEXT YOU」のメンバーは全員10代の少女たちだ。恋愛禁止令や、アンチによる叩き、太ったことが原因での炎上など、普通の子と何ら変わらない少女たちには、あまりにも過酷な毎日だ。
 振付師として現役アイドルたちと関わりを持ち、悩み事の相談に乗ることもあるというASUKAさんは、「現代のアイドルは歌って踊るだけじゃなくて、握手会やネットでの活動もしなければならない。ファンからは、距離の近さや、生活感というか、リアルさを求められているように思う。でも、太っちゃったりしてリアル過ぎるものをさらけ出すと今度は叩かれる。発言にもいちいち気を付けないといけないし、大変ですよね」と話す。

 少女たちは、青春をアイドル活動に費やす選択をしてしまったとはいえ、まだまだ好奇心旺盛な普通の女の子なのだ。そんな少女たちが、アイドルという非日常で、何を感じ、考え、どのように選択をしていくのか、アイドルファンでなくとも見どころたっぷりの一作だ。
(新刊JP編集部)

【お知らせ】
次回のブックアイドルによる生放送は、12月8日(火)21:00頃から。
詳しくはTwitter公式アカウントにて( https://twitter.com/asucoco_radio