記者発表会に登場した、アンドリュー・コーエンCEOと日本人CA

写真拡大

格安航空会社(LCC)の香港エクスプレスは、2015年12月8日から15日までの8日間、日本と香港を結ぶルートの片道料金を1300円の特別運賃で提供する。最初の2日間は、香港〜羽田、成田を結ぶ路線で予約を受け付ける。10〜15日は、48時間ごとに新しい路線で特別運賃を提供する。適用旅行期間は12月15日から16年10月29日まで。

イギリス人CEOは語る「ズバリ日本を重視しています」

今回の特別運賃キャンペーンは、同航空の日本就航2周年を記念して実施された。現在、羽田、成田、中部国際、関西、広島、福岡の6空港に乗り入れ、日本と香港を結ぶ航空会社の中では、トップクラスの便数を誇る。ちなみに成田はLCC専用の第3ターミナルではなく、第2ターミナルを利用している。2年間で大手航空会社の正規運賃の60%引きの低運賃を実現。不要なサービスを削ることで運賃を下げることができた。

7日に東京都内で行われた記者発表会に出席したアンドリュー・コーエン最高経営責任者(CEO)は、日本重視を明言する。

「乗客の3分の2は18〜34歳で、そのうち20〜30%が日本人です。香港在住の日本人も利用しています」
「日本発着の路線では日本人CA(客室乗務員)が必ず1名搭乗しています。今年10月の広島線の就航に合わせて、CAの制服もリニューアルしました。日本人デザイナーが制作したんですよ」
「フェイスブックで実施した調査によると、日本は香港で最も人気の高い旅行先です。日本政府が掲げる目標『2020年の訪日旅行客2000万人』にも貢献していると自負しています」

席上でCEOは、ホリデーシーズンに限り、名古屋と香港を結ぶルートの週9便への増便も発表した。

香港の航空会社の中で定時運行率は1位

機材はエアバスA320に統一。LCCではよく見られる新しい飛行機だ。1列当たり3+3の標準シーティングとなっている。サービスなどに使うスペースを削ることにより、座席間隔が狭くならないよう工夫しているという。保有機材数は今後も増やし、来年も新たに6機を導入する予定だ。

同航空の強みはほかにもある。香港の航空会社の中で定時運行率は1位を誇る。運賃が片道ベースなので、日本の到着地と出発地を変えられる。周遊型の旅行をしたい人にとっては使い勝手がいい。

16年2月17日からミャンマーのヤンゴン、21日から同国のマンダレーへの就航も決まっている。さらに16度年中にラオスのルアンパバーン、太平洋のアメリカ準州のグアムと、同国自治領のサイパンへの就航も予定している。