文具のキングジムがPCに初参入、新発想の2つにたためるキーボード採用。

写真拡大

文具メーカーのキングジムは12月8日、Windows 10搭載モバイルPC「ポータブック」XMC10を発表した。2016年2月12日に発売で、価格はオープン(9万円前後)。

「ポータブック」はWindows 10を搭載した同社初のパソコンで、“使いやすさ”と“携帯性”を両立したモバイルPC。キーボードは2つにたためる新発想の「スライドアーク キーボード」を採用しており、持ち運び時にはA5サイズの手帳とほぼ同じコンパクトなサイズに、使用時には大きく開いてフルキーボードとして快適に文字入力ができる。

また、約830gと軽量なボディに、HDMI端子やVGA端子、USBポートやSDメモリーカードスロットなど、仕事で必要な端子類をフルサイズで搭載。同梱のACアダプタに加えて、タブレット用モバイルバッテリー(5V/2A)からも充電可能なため、外出先でも安心して使用可能だ。

その他のスペックは、バッテリー駆動時間は約5時間、8型TFTカラー液晶、解像度1,280×768ドット、メインメモリ2GB、約200万画素のWEBカメラ、質量約830g、サイズは約204(W)×153(D)×34(H)mm(折りたたみ時)など。