ショッカーの先輩戦闘員が犯罪手口を伝授!?特許庁がネットでの模造品・海賊版撲滅キャンペーンを実施

写真拡大

特許庁は、平成27年度における「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」を、2016年2月29日まで実施しています。その一環として、特撮番組「仮面ライダー」シリーズに登場する悪の秘密結社「ショッカー」を起用したネット販売の犯罪手口を解説する特設サイトを公開しています。

【ギャラリー】悪の組織ショッカーの新人研修動画 (7枚)

今回公開された特設サイトは、ネットショッピングやオークションの利用者をターゲットとして作られています。犯罪の手口を説明する要員として「ショッカー」を起用。先輩の戦闘員が新人に模造品・海賊版をネット販売する時のコツを教える、という内容のアニメを配信している点がユニークです。

登場人物のノリは軽いですが、偽物を売りつけるのにうってつけな消費者像、支払先は銀行振込に限定するといったテクニックなど、消費者をうまくだます手法について説明されています。

そうした偽物を買わないための対策なども特設サイトに掲載しているので、ネットショッピングを利用する人は一度特設サイトをチェックしておきましょう。


(C)石森プロ・東映