見た目もかわいいフランスおやつ

写真拡大

2015年12月5日、シューケット専門店「Chouquettes(シューケット)」が東京スカイツリータウン・ソラマチのソラマチ広場前1階にオープンしました。

ドリンクと一緒に楽しむ「バースタイル」

シューケットとはフランス人なら誰でも口にしたことがあるだろうポピュラーおやつ。シュー生地でできていて、周りはさくっ、中はとろっとした2つの感触と、パールシュガーがちりばめられたかわいい見た目が特徴です。

カスタードを中に詰めたりチョココーティングしたりと、新しい工夫からいまフランスで再注目されつつあるシューケット。日本初のシューケット専門店となるこのお店では、本場パリでも経験を積んだ千葉ともみパティシエールがレシピを監修しています。

この店からは、できたてのシューケットをつまみながらレモネードやワインを楽しめる「シューケットバースタイル」を2通り提案。

1つ目はシューに生クリームと塩キャラメル、ショコラといったソースをかける「スイーツスタイル」。2つ目はフランスの代表的なアミューズ(おつまみ)、グジェールといわれるチーズ風味の「おつまみスタイル」です。甘いかしょっぱいか、お好みでどうぞ。

ソースを3種(塩キャラメル・ビターショコラ・いちごのジュレ)からセレクトできる「シューケット・スクレ(甘味)」が480円、スパイスチュイール添えのチーズ風味「シューケット・サレ(塩味)が530円。どちらもイートイン価格です。

「バースタイル」でイートインはもちろん、手みやげやギフトとしても使えます。詳細は公式サイトへ。