画像

写真拡大

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は12月7日、BtoBソリューションを提供する広告会社「バンド社」を買収した。

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は12月7日、BtoBソリューションを顧客企業に提供する広告会社「バンド社」(シンガポールの「Band Pte. Ltd」、香港の広告会社「Band Ltd」の2社)の株式100%を取得することで、同社株主と合意した。

 バンド社は、2002年9月にシンガポール、10月に香港に設立され、BtoB領域に特化したマーケティングソリューションを提供している。広告戦略の策定や広告制作、デジタル領域のソリューションのみならず、デマンドジェネレーション(需要創出)、セールスイネーブルメント(販売担当者の効率をアップさせる手法)までを手掛けている。

 買収後に関しては、電通グループでBtoB領域をカバーするCarat Enterprise(カラ・エンタープライズ)のシンガポール拠点とバンド社を合併。ますます増大するアジア太平洋地域でのBtoB広告需要に対応するとともに、各地に展開する電通グループ各社との連携を進め、シナジーの創出を図っていく。

MarkeZine編集部[著]