人は、自分に似ているから共感するのか? 共感するから似るのか?「顔」のアート

写真拡大

「人は自分と似ている人・物に共感しやすい」。その傾向を利用して、見る者の共感を引き出す装置を、 ロンドンを拠点に活躍するアーティスト、アントニオ・ダニエルが製作した。

「人は、自分に似ているから共感するのか? 共感するから似るのか?「顔」のアート」の写真・リンク付きの記事はこちら

共感について語るとき、人はよく慣用句を使う。例えば、「他人の靴を履いて1マイル歩く」(Walk a mile in another man’s shoes)、「その人の目を通して物事を見る」(see things through her eyes)といった表現は、他人と自分の視点を置き換えてよりよく理解するための比喩として使われている。

それで言うなら、ロンドンを拠点に活躍するイタリア出身のアーティスト、アントニオ・ダニエルの装置「This Is Not Private」が生む共感にふさわしい慣用表現は、「他人の顔に自らの顔を見る」(see your face in someone else’s face)だろう。

この装置は8つのスクリーンからできていて、各スクリーンはそれぞれ異なる言語でのインタヴューの様子を映し出している。スクリーンの前に立つと、顔認識ソフトウェアが、あなたの顔とスクリーン上の人物の顔をゆっくりと合成する。

「顔同士がお互いにコミュニケーションをとる、というアイデアです」と、ダニエル氏は語る。彼は顔の表情と、その向こうにある感情とを認識するソフトウェアをデザインした。装置を見つめている間に、アルゴリズムがあなたの顔の特徴(目の間の距離、あごの形、鼻の大きさ)から、その比率を作成するのだ。同様のプロセスが、スクリーン上の人物の表情に対しても行われる。

ダニエル氏は、それらの比率が6つの表情──怒り、恐れ、悲しみ、喜び、嫌悪、そして驚き──のどれかに相関するようにソフトウェアをつくった。見る者が共感を示すと、スクリーン上の人物はその人の顔の要素を帯びる(共感の度合いは、見る者の表情がスクリーン上の人の顔をどれだけ忠実に反映しているかによって決まる)。あなたが共感を示せば示すほど、2つの顔は1つになっていくのだ。

「対象が自分と似ていると感じれば感じるほど、人はその対象に共感しやすくなるのです。そしてそのとき、身体も類似するようになります」と、ブランダイス大学の心理学及び神経科学助教授であるジェニファー・ガッツシェルは語る。

「わたしたちは他人に反応を示すとき、自分自身の体で相手の経験を模倣する傾向があるのです」と、彼女は語る。これは、友達の顔に浮かんだ笑顔を真似するのと同じくらいシンプルなことだし、他の人の不安を自分の不安のように感じてしまうくらい、潜在意識的で複雑なことだ。自分と似ている人に対して共感しやすい傾向と合わせて、ダニエル氏の装置を見る人々にとっては、共感の「明確なフィードバック・ループ」を引き起こす可能性があると、ガッツシェル氏は語る。

TAG

ArtDesignEmpathyPsychologyWIRED US