写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本気象協会はこのほど、「2016年春の花粉飛散予測」(第2報)を発表。2月上旬に九州・中国・四国・関東地方から花粉のシーズンが始まると予測している。

2016年の1月と2月の気温について、西日本と東日本では平年並みか平年より高く、北日本ではほぼ平年並みの見込み。この時期の気温が平年より高いとスギ花粉の飛散開始は早まる傾向があることから、2016年の飛散開始時期は西日本と東日本では例年より早く、北日本では例年並みと予想されている。

2月上旬には九州・中国・四国・関東地方から花粉のシーズンが到来。北陸・近畿では2月中旬、東北では2月下旬からスギ花粉の飛散が始まる見込みとなっている。しかし同社は「スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます」と指摘。「2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう」とコメントしている。

さらに飛散数に関しては、九州・四国・東海地方では前シーズンより多いかやや多く、非常に多く飛散するところもある見込み。中国・関東甲信地方では前シーズン並み、近畿・北陸・東北地方と北海道ではやや少ないとしている。