画像

写真拡大 (全5枚)

 MMD研究所が「40代〜60代の商品・サービスに関する購買動向調査」の結果を発表した。

 MMDLaboが運営するMMD研究所は「40代〜60代の商品・サービスに関する購買動向調査」を実施。結果を発表した。

●4割がシニア向け携帯・家電に魅力を感じない

 40代〜60代の男女を対象に、シニア向けの携帯電話及び家電・デジタル機器について聞いたところ、シニア向けの商品やサービスの利用は携帯電話で3.6%、家電・デジタル機器で2.5%となった。また、シニア向けサービスに興味があるという回答は、携帯電話で23.4%、家電・デジタル機器28.7%となった一方で、魅力を感じないという回答は、携帯電話で42.7%、家電・デジタル機器で43.8%となり、それぞれの回答を上回った。
シニア向けへの興味度

●家電はこだわりたい、携帯は必要最低限で

 次に、商品やサービスへの考え方について聞いたところ、家電・デジタル機器については、世代が上がるにつれて、価格が高くても納得するものを選びたいという傾向があることがわかった。対照的に、携帯電話については世代が上がるにつれて、必要最低限でよいという回答が増えることがわかった。
商品についての考え方

●6割が「店舗で見て、そのまま購入」

 家電・デジタル機器の購入の仕方について複数回答(最大3つまで)で尋ねると、「実店舗で見て、そのまま購入」が61.1%で最多となった。以下、「パソコンで調べてそのままネットで購入する」42.4%、「スマートフォン・タブレット・PCで調べ実店舗で購入」22.6%と続いた
家電・デジタル機器の購買経路

 スマートフォンとタブレットを使った情報収集について、「毎日使っている」という回答は、年代が上がるにつれて下がる傾向が見られた。なお、スマートフォンによる情報収集を「毎日行っている」と回答したのは40代で61.0%、50代で55.7%、60代で35.7%という結果となった。一方、タブレットについては、40代で22.3%、50代で20.3%、60代で16.2%となっている。

スマホ、タブレットによる情報接触頻度

 【調査概要】
 調査期間:2015年10月2日〜2015年10月3日
 調査対象:40歳以上69歳以下の男女
 有効回答:1,035人

MarkeZine編集部[著]