栽培が難しいため国内での希少価値が高いピノ・ノワールのみを使用

写真拡大

サッポロビールは、グランポレールシングルヴィンヤードシリーズ「北海道余市ピノ・ノワール2013」を2015年12月8日から数量限定で全国発売する。

余市の協働契約栽培農家「弘津ヴィンヤード」産のぶどうのみを使用し作られたワインで、グランポレールシリーズの最高ランクに位置付けられている。シングルヴィンヤードとは1つの畑から収穫された作物を使用したワインのこと。

弘津ヴィンヤードは1990年からぶどう栽培に取り組んでいる余市におけるパイオニア。このぶどうで作られたワインは数々のコンクールで受賞している。

輝きのあるルビーレッド、すみれやいちごを想わせる華やかなアロマと、柔らかなタンニン、ビロードのように滑らかな余韻があるという。

価格は4000円(税抜)。