ドイツ・ドレスデンをモチーフに初開催!日比谷で「東京クリスマスマーケット2015」

写真拡大

聖書の登場人物などを配し、ロウソクの熱によってプロペラが回転するドイツの伝統的な飾り物「クリスマスピラミッド」を知っている? ドイツ・エルツ地方発祥の木工民芸品で、20cmくらいから1mもあるものまで大きさや形はさまざま。人々の心をいやすため、古くからホリデーシーズンに教会やクリスマスマーケットなどに飾られてきたとか。そんな「クリスマスピラミッド」が登場するマーケットが、日比谷公園で開かれる。

2015年12月11日(金)から25日(金)まで、日比谷公園の噴水広場で「東京クリスマスマーケット2015」が初開催される。目玉はなんといっても、アーチ状のウェルカムゲートから中に入るとすぐに見える、高さ14mの巨大な「クリスマスピラミッド」。写真はそれがドイツ・ドレスデンのクリスマスマーケットに設置されたときのもの。1分間かけてゆっくりと2回転する様子は、クリスマス気分を盛り上げてくれるはず。

「今回、日比谷公園に登場するクリスマスピラミッドは、ドレスデンのものと同じく、ドイツ・エルツ地方のザイフェン村で作られたものです。ギネスブックにも登録されている、世界最大級のオーナメントをお楽しみください」と、実行委員会の木村さん。

会場には、ヨーロッパ生まれのオーナメントやクリスマススイーツなどを販売するショップが20店並ぶ。ステージや噴水を囲むように飲食のできる客席が配置されるけれど、こちらは暖房つきなので安心。期間中はライブやワークショップなども行われるので、グルメやショッピングと一緒に楽しめそう。
中でも、クリスマスピラミッドの故郷、ドイツのザイフェン村で作られたクリスマスオーナメントや木工品など約400種類、6000個のアイテムを販売するブース「Seiffen Markt (ザイフェン マルクト)」は必見。

王様や兵隊の格好をした「くるみ割り人形」(1700円〜)や、お香を焚くと煙が出る「煙出し人形」(3500円〜)、卓上用のかわいい「クリスマスピラミッド」(2000円〜)なども揃う。手作業で一つひとつていねいに作られた本場のオーナメントをこの機会に入手して。


また、飲食ブースは15店あり、この時期にぴったりの温かいグリューワイン10種類やドイツの地ビールなどが揃う。こちらはマグカップとビールグラスが完全デポジット制で、最初に「預かり金」の1000円を支払って、最後の店で返却するとデポジット料が返ってくる。本場ドイツのクリスマスマーケットでは一般的だそうで、こういうところも、エコ先進国らしいシステムと言えそう。

「おすすめは、日本を代表するパティシエの辻口博啓さんによるイベント限定の『いちごのグリューワイン』(600円)で、ノンアルコールもご用意しています。ピューレ状にしたイチゴをたっぷり使っているので、スイートな味わいを楽しめますよ」(同)

同じく、辻口氏がイベント限定でつくった「シュトーレン」(1本3200円/1カット 約450円、グラム売り:13円/1g)も販売。ドライフルーツをふんだんに使ったこちらは、多彩な味が楽しめる一品に。


ヨーロッパの郷土料理もバラエティ豊かにラインナップ。例えば、ドイツで冬の定番料理として親しまれているドイツ風シチューの「グヤーシュ」(900円)や、ベルリン名物のファーストフード「カリーヴルスト」(500円)などのドイツ料理のほか、「肉フェス2015年春」で人気ランキング1位を獲得したジューシーな「シュニッツェル」(1200円)もいただけるとか。

「チキンが丸ごと出てくる『ローストチキン(チキンスープ付)』(2000円)もおすすめです。皮はパリパリで香ばしく、お肉はジューシーでおいしいですよ」(同)


ステージでは、世界各地で活躍するドイツのコーラスグループ「Nostalphoniker(ノスタルフォニカー)」のパフォーマンスや、バンド演奏、ゴスペルなど、クリスマスらしいライブが繰り広げられる。

さらに、「オリジナルキャンドル作り」や「クリスマスリリース作り」などのワークショップも開催。フィンランドの伝統的な柄である正八面体を使った「フィンランドの伝統的クリスマスオーナメント“ヒンメリ”作り」は、なかなか経験できないだけに、おすすめ。

「ワークショップは公式サイトからお申し込みいただけます。定員が少ないため、満員になっているものも多いのですが、会場にいらっしゃれば『ミニ体験』なども対応してくださる場合があるので、興味のある方は相談してみてください」(同)

ドイツからやってきた世界最大のクリスマスピラミッドに見守られながら、本場の雰囲気を楽しむクリスマスマーケット。彼や女友達と、ヨーロッパ伝統のお祭り気分を楽しんで。