共感覚シューティング Rez がPS VR対応で復活、『Rez Infinite』発表。3D音響と60fps / 120fps、フルHD描画

写真拡大

サンフランシスコで12月5日に開催されたイベント PlayStation Experience 2015より。2001年にPS2とDreamcast で発売された音楽シューティング Rez が、PlayStation VR対応の新作『Rez Infinite』として復活します。

【ギャラリー】PS VR 『Rez Infinite』(PlayStation Experience 2015) (5枚)



実演してみせたのはオリジナルの作者 水口哲也氏。Rezのほかスペースチャンネル5、ルミネス、Child of Eden などを手がけた「音と光」クリエーターです。

新作 Rez Infinite は、仮想現実ヘッドセット PlayStation VRでも、PS4とテレビでも遊べるタイトルになる予定。テレビ出力の際はフルHD 60fpsに7.1chオーディオ、PS VRでは120fpsと3Dオーディオに対応します。

Rez Infinite プロモーションのために製作された「シナスタジア(共感覚スーツ)」。PS2用のトランスバイブレータは別売りオプションとして購入できましたが、こちらは今のところ販売予定がありません。

PS4『Rez Infinite』の発売日、リリース形態、価格などは未発表。今回のPS Experienceでは Rez Infinite のほかにもエースコンバット7などVR対応ゲームの発表が続き、これが出るなら買ってみようか、というタイトルも増えてきた印象です。