ピュア・ストレージ・ジャパンとユニアデックスは12月7日、ピュア・ストレージのコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション(垂直統合型ソリューション)である「FlashStack CI」の国内提供において協業を開始すると発表した。ユニアデックスは同製品の販売および24時間365日の保守サービスを提供する。価格は個別見積。

同製品はピュア・ストレージ米国本社が2014年12月に発表した垂直統合型ソリューション。サーバおよびデスクトップ仮想化基盤やアプリケーションおよびデータベース環境基盤など用途に応じて構成可能な柔軟性を持つパッケージソリューションだ。ピュア・ストレージのオール・フラッシュ・ストレージ製品に、シスコシステムズのUCSサーバおよびNexusスイッチを組み合わせ、さらに用途に応じてヴイエムウェアの仮想化ソフトウェアやオラクルのデータベース・ソフトウェアなどを稼働させることができる。

シスコシステムズやヴイエムウェア、オラクルなどのコンポーネントを組み合わせて、可用性の高い垂直統合型ソリューションが構築しているほか、小規模から大規模へシームレスに拡張できる。ユニアデックスではマルチベンダーで構成したシステムの設計、導入・構築、運用・保守サービスまでをワンストップで提供することを強みとしている。

同製品の構成要素であるPure Storage、Cisco UCS、VMware vSphere、VMware Horizon、Oracle Database、Microsoft SQL Serverなどについてもユニアデックスでは設計から運用・保守サービスまでをトータルに提供可能であることから、同製品の取り扱いを決定した。

これによりユニアデックスは、より品質の高いシステムを迅速に市場へ提供することが可能となる。今後ピュア・ストレージとユニアデックスでは、大学など文教系やサービス事業者をはじめ、幅広い業界・業種への導入を進め、仮想サーバーや仮想デスクトップ環境、データベース環境用インフラストラクチャーとして3年間で30システムの導入を目指す。