2015年12月5〜6日、サンフランシスコにてPlayStation Experience (PSX)2015が開催された。最大のトピックスは、2016年に発売が予定されている「PlayStation VR」対応ソフトのプレゼンテーション。その1人として、『WIRED』日本版に縁が深い水口哲也が登壇した。

今回で2回目を迎える「PSX」(PlayStation Experience、2014年はラスヴェガスにて開催)。1年を通じて世界各地で催される、メーカー、ディヴェロッパー、メディアを対象にしたB to B向けのショウケースとは異なり、あくまでゲームファン(プレステファン)を対象としたイヴェントだ。そんなPSX 2015で最も注目を集めたのが、16年上半期に発売予定というアナウンスがされている「PlayStation VR」を使った、新作ソフトのプレゼンテーションであった。

「伝説のゲーム「Rez」が、PlayStation VR対応で再降臨!」の写真・リンク付きの記事はこちら

会場ではすでに発表済みのタイトルを含め16本が紹介されたが、そのなかには、水口哲也(メディアデザイナー/レゾネア代表/慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科〈KMD〉特任教授)が中心となって開発が進められている「あるタイトル」も含まれていた。CREATIVE HACK AWARDの審査員、あるいは自律走行車の試乗体験(興奮のドライヴィング体験動画もあり)など、『WIRED』日本版との縁も深い水口が発表した「あるタイトル」とは、彼の代表作である「Rez」の進化形というべき「Rez Infinite」。そのプレゼンテーションの模様を、水口はこう語る。

「ライゾマティクスとKMDの共作である、『シナスタジア(共感覚)・スーツ』を来て登壇しました(上記動画の0′40″のあたり)。右から2番目の小さいのがぼくで、残りの3人はぼくのリアルタイムのプロジェクションマッピングです。5,500人の前でのパフォーマンスは、さすがに震えましたね…」

プレゼンテーション映像の終盤、パフォーマンスを終えVRゴーグルを脱いだ水口は、ホッとした表情を見せる。そのときになってようやく、いま壇上でプレイをしていたのが開発者である水口本人だったことを知った会場から、驚きと賞賛に満ちた拍手が巻き起こる。それは、シューティングゲームに「共感覚」という新しい価値観をもち込んだグランドマスターへのリスペクトが、いささかも衰えていないことを物語る瞬間であった。

VRというイマーシヴな装置を得て、伝説の共感覚ゲームはいかなる進化を遂げるのか。水口の話によれば、「Rez Infinite」のリリースは2016年末の予定だ。

TAG

GamePlayStationVRTetsuya MIzuguchiVirtual RealityWIRED JAPAN