気温12. 9度で天候は曇り。ほぼ無風という好条件の中でスタートした12月6日の福岡国際マラソン。来年のリオデジャネイロ五輪の男子国内選考レースの第1弾として行なわれたこのレースに、「一発で代表を決める」と公言して臨んだ川内優輝(埼玉県庁)は10kmを過ぎた頃から苦しそうな表情に変わった。

 そして11km過ぎの給水所を通過すると徐々に遅れ始め、ジワジワと差をつけられてしまう。14.7kmでトップとの差は25秒。川内のリオデジャネイロ五輪は、彼の表情の厳しさと比例するように遠ざかっていった。

 最初の10kmまで、川内はペースメーカーが引っ張る集団の中で、ゆるやかにペースを上げる走りを見せていた。

「10km手前から左ふくらはぎが攣(つ)りそうになってきて、ふくらはぎの下の方から足底にかけて痺れるような違和感が出てきました。そんな状態になって離されてしまった時点で、今日のレースが終わった感じでした」

 その後は26〜27秒遅れていた第2集団に追いつかれてしばらく一緒に走っていたが、16kmを過ぎてその集団からも脱落。20km地点ではトップから1分38秒も遅れ、順位もペースメーカーを除いて20位にまで落ちていた。

「第2集団にも離されてから、給水のたびに水を左足にかけていたら、違和感が薄くなってきたので追いかけようと思いました。でもその時はもう、追いつけるような差ではなくなっていて......。走りながら、8月の世界選手権で前田和浩選手(九電工)が痙攣(けいれん)を起こしたのを見て『調整不足じゃないか』と言った天罰だと思いました。『痙攣をした状態で走るのはこんなにきついんだ』と思いながら走っていました」

 こう話す川内だが、25kmを過ぎてからはそれまで5kmあたり16分台に落ちていたペースを15分台に戻して、落ちてきた選手を抜き始めた。そして35km手前では12位で走っていた大塚良軌(愛知製鋼)に追いつくと、ふたりで競り合いながら順位を上げた。ラスト勝負では大塚に2秒だけ競り負けたが、2時間12分48秒で8位のゴール。日本人の中では4位まで順位を上げる、せめてもの意地を見せた。

「2月に左ふくらはぎを痛めていたけど、それは治っているはずだし、9月くらいからは違和感もなくなって徐々に調子が上がっていたので、その影響ではないと思います。完璧とはいえなかったけど、11月1日のニューヨークシティマラソンも6位で走ったし、そのあとの上尾シティハーフマラソンもそこそこ走れていたので、今回もそれなりに走れると思っていました。ただ、2週間前に体調を崩して寝込んでいた時があったので、それが響いたのかもしれません」

 今回の違和感は、2月に痛めたところより下の方だったという。「どうしてそんな症状が出たのか自分でもよく分からない」と川内は話すが、「もしかすると上尾では、5km15分ペースで走れていたけど、5kmから10kmにかけて14分54秒に上がった時のペースにまで対応できる力がなかったのかもしれない」と自分の走りを分析した。

 このレースで日本人3位以内に入れば、一応は五輪代表選考の対象には上がることになっていたが、川内はそこまで考えることができず、大塚に競り負けた。

 今回の福岡では、冷静に走った佐々木悟(旭化成)が2時間08分56秒で日本人最上位の3位になり、最低ラインの結果をクリアしたが、有力候補とは言い切れない状況だ。

 そんな中でも、川内がまだリオデジャネイロ五輪出場にこだわるなら、2月の東京マラソンか、3月のびわ湖毎日マラソンで走り、日本人3位以内に入った上で、日本陸連の派遣設定記録2時間06分30秒を突破するしかないという厳しい状況になった。

 川内は脚の状態を見ながら招待選手になっている12月20日の防府マラソンを走って、その後どうするかを決めると話した。

 リオ挑戦を断念するとしても、それで川内の世界への挑戦が終わるわけではない。彼は「17年の世界選手権ロンドン大会も狙っていますから」と口にした。

 昨年12月の防府マラソンの翌日に左足首を捻挫したあとは、本格的な練習ができるようになるまで時間がかかり、今大会に向けての準備期間も半年くらいしかなかった。しかし、リオ五輪を経て再来年の世界選手権代表を狙うべく、来年の福岡に照準を合わせるならば、1年間の準備期間があると見据える。

「暑い夏場のマラソンは苦手という意識があるので、狙うならそれほど暑くならない来年のリオ五輪と、再来年の世界選手権ロンドン大会だと考えていたので......。ロンドンでメダルを獲るのが僕の最後の目標なんです」

 福岡では悔しい結果となったが、いまだ闘志を失っていない川内。戦い続けるならば彼は当然、これまでのように市民レースを練習の場として使っていくだろう。だが彼も28歳。これからは疲労も考え、もっと綿密な計画に基づいたレース参戦が必要になる。

 最後の夢の実現は、自分の体の声に耳を傾けながら、いかに走力を磨き上げていくかをしっかり考え、それを実行できるかどうかにかかっている。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi