厚切りジェイソン

写真拡大

6日、お笑いタレントの厚切りジェイソンが自身のTwitter上で、仕事における「石の上にも3年」という考えを否定した。

この日、あるユーザーは厚切りに向けて「今の仕事を2年で辞めようと思っています。しかし周りからは『石の上にも3年』って言うんだから、3年は続けろと言われます」という相談を持ちかけた。

「石の上にも3年」とは、がまん強く辛抱すれば必ず成功することを表すことわざだ。

これに厚切りは「我慢している以外何も考えていなければ、3年も無駄にしている」と語り、ただ単に「石の上にも3年」という言葉を守っているだけでは何も意味がないと切り捨てた。

一方で「この3年で何のスキルを身につけるか、どう成長できるかを考えていれば、有効な期間になる場合もある」と、目的意識を持てるのであれば、仕事を続ける意味もあると指摘した。

その上で、厚切りは「捉え方次第だけど全く成長出来ないなら早く辞めるべき」とアドバイスを贈っていた。
【関連記事】
厚切りジェイソン 日本企業における新卒の扱いに苦言「お互いに不幸」
厚切りジェイソン 日本人の特性を指摘「人と違うのは恥だと教える」
厚切りジェイソンが日本人の危機意識に警鐘を鳴らす「テロ対策甘すぎ」