パリ同時多発テロ 実行犯ら遺体の扱いに当局が苦慮

ざっくり言うと

  • パリ同時テロ事件の実行犯らの遺体の扱いに、仏当局が苦慮している
  • 墓所が、他の過激主義者たちの「巡礼地」と化すことを懸念しているそう
  • パリ市葬儀公社の総裁は、墓所は「皆の関心の的になる」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング