写真提供:マイナビニュース

写真拡大

毎週日曜17時よりMBS/TBS系列にて放送中のTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の上映イベント「鉄血の上映会」が12月5日、都内・バンダイナムコ未来研究所ファンシアターで開催された。

当日はゲストとして、三日月・オーガス役の河西健吾、ビスケット・グリフォン役の花江夏樹、そしてシークレットゲストとして昭弘・アルトランド役の内匠靖明が参加。会場には多くの応募の中から抽選に当選したファン約200人が駆けつけ、熱い盛り上がりを見せた。

イベントでは第10話「明日からの手紙」が上映され、続いてトークショーが展開された。観客と一緒に作品を見るという今回のイベントの趣向について河西は、「お客さんの生の反応を感じることができたので、参加することができてよかったです」とコメント。一方の花江は「ビスケットのおデブ感というのをどこかで際立たせたいと思っていて、第9話で羽織のひもをアミダに締めてもらうシーンがあるんです。あそこでビスケットが『ああっ…』って言うんですけど、それをテストの時に少し苦しそうに『おおっ…』ってやってみたんです。その時はアミダさんのセリフとかぶっていたみたいでバレなかったらしく、それを本番でもやったらさすがにバレてしまい怒られました(笑)」とアフレコ時の裏話を明かしていた。

第10話で特にスポットの当たっていたキャラクターである昭弘を演じた内匠は、「自分が出していただいている作品を皆さんと一緒に見ることができて本当に楽しかった」と感想を語るとともに、「昭弘の過去が少し垣間見えたりしましたが、昭弘が今後どうなっていくのか楽しみにしていただければと思います」と観客に呼びかけた。最後には河西から「これからすごく面白い展開が待っています。僕たちも力を込めて一本一本作っていますので、これからも『鉄血のオルフェンズ』の応援をよろしくお願いします」と力強いコメントが寄せられてた。

(C)創通・サンライズ・MBS