『ことりカフェ』の人気者レモン

写真拡大

 オシャレな街、南青山。骨董通りから1本入った小径に、まるで絵本の世界から飛び出してきたようなカフェがある。色とりどりの小鳥たちが愛らしい鳴き声を奏でる、その名も『ことりカフェ』。

「うちのお店には25羽ほどの小鳥がいますがお客さまと直接触れ合うのは、私レモンと、タイハクオウムのたいち、文鳥のはる、コザクラインコの海の4羽だけ。誇りを持って働いてます!」

 トレードマークのオレンジほっぺを輝かせるのは、『もふもふのお部屋』と呼ばれる触れ合いルームでお客さんの手に乗る、オカメインコのレモン。彼女たち4羽は子供の時から手乗りとして育てられ、接客専門の“ことりスタッフ”として、日々頑張っている。

「他の子たちはガラス張りのお部屋にいて、お客さまに見ていただくのがお仕事。『接客は大変そう』って思う子もいるかもしれないけど、私は人と触れ合うのが大好きだから“ことりスタッフ”でよかったわ」(レモン)

 連日、お店の前には入店待ちの列ができ、なかには新幹線に乗ってわざわざやって来たという親子連れも。

「うちのお店にいるのは、セキセイインコやカナリアなど、わりと一般的な小鳥たちばかりなのに、どうしてかしら?」(レモン)

 首をかしげるレモンだが、そのしぐさまですべてが「かわいいから」なのである。

【プロフィール】
名前:レモン ♀
年齢:2歳
種類:オカメインコ
勤務先:ことりカフェ表参道店
職種:接客業
主な仕事内容: 店内にある『もふもふのお部屋』でお客さまと遊ぶ。
お給料:お客さまの笑顔。
好きなこと:「かわいい」と言ってもらうこと!
嫌いなこと:背中に触られるのは、ちょっと苦手…。
現在の悩み:理想体重90gなのに、現在115gもあって太り気味なこと。
将来の夢:一度でいいから大空を飛んでみたい。

撮影■山口規子

※女性セブン2015年12月17日号