岩瀬仁紀が2億5000万円減で契約更改 史上2番目の減額幅

ざっくり言うと

  • 中日の岩瀬仁紀が7日、契約更改交渉に臨み、83%減の5000万円でサインした
  • マイナス2億5000万円で、12年の小笠原道大氏に次ぐ史上2番目の減額幅
  • 今季は左ヒジの違和感に苦しみ、プロ入り初めて公式戦の登板なしに終わった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング