「未来の必須科目」とは? それをどう教えればいいのか?「FabLearn Asia 2015」開催(12/12〜13)

写真拡大

デジタルファブリケーション技術によってあらゆるものの「つくり方」が変わりつつあるいま、同時に求められているのは新しい「学び方」である。12月12〜13日、慶応義塾大学ソーシャル・ファブリケーション・ラボが「FabLearn Asia 2015」を開催。国内外の学生や教員、企業や行政とともに「これからの教育のあり方」を考える2日間だ。

「「未来の必須科目」とは? それをどう教えればいいのか?「FabLearn Asia 2015」開催(12/12〜13)」の写真・リンク付きの記事はこちら

3Dプリンターやレーザーカッター、アプリやウェブサーヴィスをつくるための基礎となるプログラミング。

テクノロジーの進化によって時代に求められるスキルが変われば、それを教えるための教育のあり方も考え直す必要がある。英語、国語、算数…といった従来の科目ではカヴァーすることのできない「未来の必須科目」を、いかにして子どもたちに教えていくことができるのだろう?

日本のデジタルファブリケーションの第一人者である慶応義塾大学准教授・田中浩也率いるソーシャル・ファブリケーション・ラボが、12月12(土)〜13日(日)、「FabLearn Asia 2015」を開催する。スタンフォード大学から始まったファブ教育の未来を考えるカンファレンス「FabLearn」の、初となるアジア版だ。

「FabLab国際会議に参加するなかで、世界での教育に対する力の入れ方が日本とはまったく違っていることを知りました。そのギャップをどうにか埋めたかったんです」と、FabLearn Asia開催のきっかけを語るのは、田中とともに同カンファレンスの実行委員長を務めるFabLab Kamakura代表の渡辺ゆうかだ。

「日本でもデジタルファブリケーションやICTの技術は教育に浸透しつつありますが、現状を見るとそれが“目的”になってしまっています。3Dプリンターを使うことやiPadを使って学ぶことは、あくまで手段のひとつでしかありません。今後さらにこうした技術を使いこなす能力が必須になるなかで、まずは『デジタル工作機械を使うことは手段である』ということを社会に提示したい。そのうえで、例えばさまざまなテクノロジーを組み合わせた学習環境のあり方といった、より広く、多様な視点で見るこれからの教育の可能性をみなさんと一緒に考えていければと思っています」

カンファレンスでは、スタンフォード大学教育学部准教授でありFabLearnチェアマンのパウロ・ブリクスタインや、中高生のためのプログラミング教育を行うライフイズテックの小森勇太、情報哲学の俊英ドミニク・チェン、子どもの創造性をテーマにワークショップを開催するNPO法人CANVASの石戸奈々子らの講演のほか、3Dモデリングやロボティクス、プログラミングを体験できるワークショップも多数開催。インターナショナルスクールや台湾の公立高校、日本の女子高生によるプレゼンテーションといった「現場の声」を訊くプログラムも両日にわたって行われる。また弊誌編集長・若林恵もモデレーターとして、パウロ・ブリクスタイン、田中浩也らとともに、カンファレンスの総括とこれからの教育の展望を考えるクロージングセッションに参加する。

もちろんこのカンファレンスに参加するだけで「未来の教育」の答えが見つかるわけではない、と渡辺は正直に言う。「日本の教育をすぐに変えていくことはできません。ですが、各国の多様な学習のあり方を知ることで、何が有効なのか、どうしていけばいいのかといったヒントが見えてくるはずです。まずは可能性を知り、ここで出会った人とヴィジョンを共有してつながることで、ひとつずつ答えを見つけていくための土壌をつくっていくことができるのです」

FabLearn Asia 2015

開催日程
12月12日(土) 10:30-17:30(開場:10:00)
12月13日(日) 10:00-17:30(開場:9:30)

開催場所
横浜市開港記念会館
(神奈川県横浜市中区本町1-6)

主催
慶應義塾大学ソーシャル・ファブリケーション・ラボ

共催
スタンフォード大学
Fab Foundation
国際STEM学習協会(FabLab Kamakura)

>>参加申込方法、プログラム詳細はこちら

TAG

Digital FabricationEducationEventFab lab