布のようにしなやかながら、作品は半永久的に鑑賞できる

写真拡大

金網およびパンチングメタルを手掛ける石川金網(東京都荒川区)は、世界初・金網の折り紙「おりあみ/ORIAMI」を2015年12月7日に発売する。

日本折紙協会監修で商品化 折り紙アーティスト宮本眞理子氏が技術指導

同社が長年培ったノウハウを元に、工業用フィルターなどに用いられる金網を使用した文具やホビー用品の開発中に誕生。折り紙アーティスト・宮本眞理子氏に技術指導を受け、日本折紙協会の監修により商品化された。

布のようにしなやかな金網を使用しており、紙製と同様に折ることが可能。金属の持つ剛性と極細線により、紙製と比較してしっかりと形状を保てるのが特徴で、作品を半永久的に鑑賞できるという。小物入れや整理箱など文具の制作にも適する。

材質は「Bronze (丹銅)」で、150×150ミリ、180×180ミリの2サイズをラインアップ。価格は、150×150ミリ・3枚入り1000円、5枚入り1600円、10枚入り3000円。180×180ミリ・3枚入り1200円、5枚入り2000円、10枚入り3600円(全て税別)。