口内洗浄のほか、にきび、便秘にも効く?ココナッツオイルうがいってナニ?

写真拡大

 日本でもじわじわ来ている「オイルプリング」ブーム。オイルプリングとは、いわゆる「油うがい」のことで、読んで字のごとくオイルでうがいをすることです。

 そのベースとなるのはインドの伝承医学である「アーユルヴェーダ」のうがい方法ですが、普段のマウスウォッシュをココナッツオイルなどで行うというほうがイメージしやすいでしょう。

 一体、なぜこのようなうがいをするのかというと、お口の中を健康にするため。口臭や虫歯予防はもちろん、歯のホワイトニング効果まであるというのは驚きです。

 試しに料理やパンケーキで使う、ごく普通のココナッツオイルで「くちゅくちゅぺっ!」とやってみましょう。やり方は水を飲んだ後、大さじ1程度のココナッツオイルを15〜20分ほど口の中でクチュクチュして捨てるだけです。

 実はこれ、あのミランダ・カーも実践しているという美容法でもあります。その効果は実にすごいと評判で、オイルでうがいするだけなのに「デトックス効果もある」といわれているんです。さらには、にきびや皮膚炎、便秘、月経前症候群にもいいのだそうです。

 ミランダ・カーの笑顔の口元に光る白い歯や毒素排出されたボディを作る秘訣を、ひとつ知った気がしますね。