元ホステスの被告に懲役16年 女性ホルモン剤不投与で別人に

ざっくり言うと

  • 交際相手を金属バットなどで殺害した元ホステスに、懲役16年が言い渡された
  • 性転換手術を受けた被告に、拘置所は女性ホルモン剤の処方を認めていない
  • 被告はホルモン剤不足で別人になり、言葉のつかえが目立ったと弁護人は話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング