装甲騎兵ボトムズ スコープドッグがバトルロボット『ガガンガン』で復活!

写真拡大

(C)サンライズ (C) TOMY

株式会社タカラトミーは、赤外線銃撃バトルロボット「ガガンガン」に、ロボットアニメ「装甲騎兵(そうこ うきへい)ボトムズ」とコラボレーションした「ガガンガン 装甲騎兵ボトムズ スコープドッグモデル」2種(5,800円+税)を、2016年3月下旬から発売すると発表しました。

発表会場の秋葉原ラジオ会館では、いち早く実機のお披露目が行われました。 

【ギャラリー】A.T.VOTOMS (23枚)


(C)サンライズ (C) TOMY

ボトムズと言えば、一般人の認識として

アストラギウス銀河を二分するギルガメスとバララントの陣営は互いに軍を形成し、もはや開戦の理由など誰もわからなくなった銀河規模の戦争を100年間継続していた。

その"百年戦争"の末期、ギルガメス軍の一兵士だった主人公「キリコ・キュービィー」は、味方の基地を強襲するという不可解な作戦に参加させられる。作戦中、キリコは「素体」と呼ばれるギルガメス軍最高機密を目にしたため軍から追われる身となり、町から町へ、星から星へと幾多の「戦場」を放浪する。

その逃走と戦いの中で、陰謀の闇を突きとめ、やがては自身の出生に関わる更なる謎の核心に迫っていく。

と広く知られているむせ返るようなアニメで、ガガンガンが発売された時からボトムズバージョンはないのか!と多くの問い合わせがあったそうです。それに応える形で「ガガンガン 装甲騎兵ボトムズ」バージョンが登場しました。製品化に際して、ボトムズのメカデザイナーである大河原邦夫氏による新デザインの武器・装備、デザインの変更が行われるなど細部にもこだわっています。

(C)サンライズ (C) TOMY

今回製品化されたのは主力メカの「スコープドッグ」で、オリジナルカラーとメルキアカラーの2種類位が用意されます。

(C)サンライズ (C) TOMY

「ガガンガン」は、赤外線で操作する全高約12cmの銃撃バトルロボットで、「銃撃戦闘ロボット」をイメージし、サウンドやLED光線、(銃が弾丸を発射する機構である)ブローバックギミックを取り入れ、白熱したロボットバトルが楽しめるものです。ボトムズコラボレーションにあたって、起動音や、銃撃音、リロード(弾丸を装填する)音などをボトムズのサウンドを使用し、よりリアルな操作感を実現しています。

発表会の模様、実際に動いている動画は以下をご覧ください。


来年は、キリコと地獄に付き合ってもらおう。