LINEのトークはどこで切り上げればいい?

写真拡大

LINEのトークやショートメッセージで、いつでも気軽に連絡がとれるのは便利なことだ。その一方で、やりとりをやめるタイミングがわからず悩んでしまうことも。「教えて!goo」にも「LINEが途切れない男性」という悩みの投稿があった。24歳女性の投稿によると、「職場にいる28歳の男性と個人的にLINEのやりとりをするようになったが、会話が弾んでいるわけではないのに、多い日には10往復ほどやりとりが続き困っている」という。

相手を不快にさせず、メッセージのやりとりを終わらせるにはどうしたらいいのか。心理学者の内藤誼人先生に聞いた。

■やりとりがダラダラと続いてしまう理由

「メッセージのやりとりは、続けるほどやめられなくなります。これは『サンク・コスト効果』が働くからです。例えば、行列に並ぶと途中で抜けられなくなることがあります。人間は何か行動をはじめると、『ここまでやったのだから最後までやらないともったいない』と考え、その行動から抜け出せなくなる傾向があるのです。つまり『せっかく行列に並んだのだから、最後まで並ばないと』と考え、行列から抜け出せないのです。トークのやりとりもこれと同じだと考えられます」(内藤先生)

ではどうすれば、トークを終わらせることができるのか。

■時間を決めて終わらせる

「自分で、終わり方のルールを設定することです。例えば、『やりとりは5回までしかしない』と決めておけば、5回でやめられるものです。あらかじめ相手に伝えておけば、相手に不快な思いをさせることもないでしょう。これは、LINEだけでなく電話でも有効な方法です。『5分経ったら入浴したい』などとあらかじめ言っておいてから話し始めれば、5分で電話を切るきっかけになります」(内藤先生)

自分の中でルールを決め、相手に事前に伝えておく。このちょっとした思いやりが相手を不快にせず、手短にトトークを済ませるコツになるのだ。トークを辞めるタイミングが分からないという人は試してみてはいかが。

●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「アドラー心理の言葉」(ぱる出版)、「電車のハシに座る人は成功できない」(大和書房)他、著書多数。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)