<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇6日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 国内男子ツアー最終戦『ゴルフ日本シリーズ JTカップ』最終日、単独首位の石川遼を3打差で追い「勝つか負けるかのゴルフをする」と逆転優勝での今季初勝利を意気込んでいた小田孔明だったが、反撃の狼煙を上げることができず、5打差をつけられ完敗となった。
今季の国内ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 プレッシャーをかけたい序盤だったが、自身が足踏みしてしまった。1つ目のターニングポイントは1番。セカンドショットを約1mにつけ、バーディチャンスを作り出すも「打てなかった。速くて読めない」と決めきれずパー。石川がボギー発進だっただけに、決めていればいきなりの“1打差”という絶好のチャンスだった。このチャンスを逃した小田は、前半は波に乗ることが出来ず、1つスコアを伸ばし12アンダーとした石川に対し、1つスコアを落とし7アンダーで差を広げられた。
 2つ目のターニングポイントは1つスコアを伸ばして迎えた13番。石川が3打目をバンカーから出すだけ、そして4打目のアプローチを寄せきれずに微妙なボギーパットを残す。一方の小田は4mのバーディチャンス。“石川ダボ”“小田バーディ”なら1打差となった。しかし小田は決めきれずパー、石川はナイスボギー。差を一気に詰めてることが出来なかった。
 今大会で石川は国内メジャー大会で初勝利となったが、小田はメジャー未勝利、「日本プロ、日本オープン、日本シリーズ…2位ばっかりだね、来年はツアー選手権で2位かな」と苦笑い。そして圧倒的な強さを見せた石川に「この2日間いいゴルフをしていた。よく飛んでいたし、あのままアメリカでもやって欲しいですよ」とエールを送った。
 2014年の賞金王も今季は未勝利に「トレーニングを重ねて来季の開幕に向けて頑張るだけです」と話した小田。今季の屈辱を胸に来季の雪辱を期す。
<ゴルフ情報ALBA.Net>