JR横須賀線が12時間以上にわたり運転見合わせ 排水設備が故障

ざっくり言うと

  • JR横須賀線は6日、東京−品川間で12時間以上にわたり運転を見合わせた
  • 地下水をくみ上げるための排水設備が故障し、線路に水があふれた
  • 原因は排水ポンプの吸水口に泥がつまったことだとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング