女性なら誰もが気になるピル。避妊のために使うイメージがありますが、実は重い生理(月経困難症)や生理不順の治療薬としても使われています。ここでは気になる低用量ピルの最新の基礎知識をお伝えします。

ピルってどんなお薬なの?

ピル(OC=経口避妊薬)を服用することで、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが脳下垂体に働きかけ、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えてくれます。もともと自分自身が分泌している女性ホルモンを外部から取り入れることによって、脳は体内で女性ホルモンを十分に分泌していると勘違いし、正常な排卵が起こらなくなるというのがピルのしくみです。また、この作用によって受精卵が着床するために作られる子宮内膜も育たなくなるため、もし排卵しても着床(妊娠)しないようになっています。さらに子宮頸管の粘液も変化し、精子を子宮に到達させにくくしています。これらの作用で安全に避妊をするのが本来のピルの役割です。ピルを飲むと生理が来ないと思っている人もいるようですが、現在使用されている低用量ピルの場合、毎月生理がきちんと起こります。

ピルの避妊以外の意外な効果

ピルの最大のメリットは必ず28日周期で生理が来るようになることでしょう。生理不順で困っている人には規則正しく生理が来ることでスケジュール管理も可能になります。そして子宮内膜が肥厚しないため、経血量が少なくなる傾向があります。個人差がありますが、もともと経血が多い人は楽になったという意見がほとんどです。そのため子宮内膜症の改善にも使用され、痛みの伝達物質を作る子宮内膜が肥厚しないことで生理痛を緩和する作用もあります。女性ホルモンを摂取することで男性ホルモンが原因と言われるニキビやむだ毛の改善にも効果があるといわれます。特に女性ホルモンが原因の肌あれの治療に使われることは少なくありません。以前はピルを飲むと太るのでは?という噂がありましたが、それもほとんどないとされています。

用法容量は必ず守ればとても安全な薬

現在、海外をはじめ日本でもピルといえば低用量ピルのことを言います。副作用はほとんどなく、ピルを飲んで太ったり毛深くなったりすることもありません。服用する際には医師の診断と処方箋が必要です。基本的には21日間毎日1錠ずつ服用するタイプがほとんどです。飲み忘れて一度に数日分飲んだり、勝手に間隔を空けると避妊効果が無いばかりか体調不良や血栓症などになる場合もあるので、必ず用法容量は守り定期的に診断を受ける必要があります。

それでも女性特有の不調を改善してくれるピル。避妊を考えている女性だけでなく、女性特有の症状でお悩みの方も、一度婦人科で先生に相談してみてはいかがでしょうか。


writer:しゃけごはん