<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇6日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 国内男子ツアー最終戦『ゴルフ日本シリーズJTカップ』の最終日。全選手がハーフターンを終え、3日目で“63”のビッグスコアをたたき出し、国内メジャー初制覇に王手をかけた石川遼は、前半を3バーディ・2ボギーで回り単独首位を堅守し、後半へ入った。
今季の国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 この日11アンダーからスタートした石川は出だし1番でボギーを叩いたものの3番、4番の連続バーディで1つ伸ばす。その後6番バーディ、9番ボギーで伸ばせなかったが12アンダーで前半を終えた。2位の小田孔明が前半1つ落としたため、リードは5打差に広がった。
 2位はトータル7アンダーの小田孔明。続くトータル6アンダー3位に藤本佳則がつける。さらにトータル5アンダー4位に黄重坤(韓国)。トータル4アンダー5位に片山晋呉が続く。
<ゴルフ情報ALBA.Net>