柔道の永瀬貴規が韓国選手に反則負けし井上康生監督が猛抗議

ざっくり言うと

  • 5日、柔道のグランドスラム東京大会準決勝で、永瀬貴規が反則負けした
  • 韓国の李スンスとの対戦で、永瀬の行為が反則の「脚取り」とみなされた
  • 井上康生監督は猛抗議したが、判定は覆らなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング