左から内山昂輝、島崎信長、鈴木達央

写真拡大

おおじこうじ原作のライトノベルをもとに水泳部員たちの絆と青春を描き、人気を博すTVアニメシリーズ『Free!』を完全新作アニメとして映画化した『映画 ハイ☆スピード! ―Free! Starting Days―』。この作品の初日舞台挨拶が12月5日に新宿ピカデリーで行われ、満員のファンの熱気があふれるなか、主人公たちの声優をつとめた島崎信長、鈴木達央、内山昂輝、そして武本康弘監督が登壇した。

『ハイ☆スピード!』初日舞台挨拶、その他の写真

TVシリーズ1〜2期に引き続き劇場版でも主人公の七瀬遥役の声を演じた島崎は「自分自身も劇場版を見て、いろんな思いがこみ上げてきて整理しきれない。こうして多くの人たちに愛されて本当に幸せです」と劇場版の完成に感無量の様子。

同じく遥の幼なじみの橘真琴役の声を担当した鈴木は、TVシリーズでは高校時代が描かれたが、劇場版では遡って中学生役を演じるにあたり「初めて劇場版の話をもらったとき、超ムチャぶり! おい、まじかよ!?と思った(笑)」と驚いたことを明かすも、「無事に完成してほっとした。主人公たちにはTVシリーズの前に劇場版(で描かれたエピソード)があったんだと思って楽しんでいただければ」と話した。

武本監督は「中学生役を演じてもらうという難題を作った張本人は僕。島崎さん、鈴木さんが演じての遥と真琴。それはファンもみんなも同じ思いで、譲れない大切なこと」だったとキャスティングへのこだわりを示した。

劇場版の新キャラクターである桐嶋郁弥役の声優としてシリーズに初めて参加した内山は「オーディションでなく指名をいただいて、以前ご一緒した武本監督でしたし、安心して挑みました」と語った。

また、島崎が「この劇場版を見てTVシリーズの『Free!』の世界がもっと深まっていくだろうし、そのあと劇場版を見るとまた新しいものを感じてもらえると思う」と言うと、鈴木が「すげぇ、公開初日から何度も見ろって言うんだ(笑)」と突っ込みを入れる場面も。そう言った鈴木も「冗談めかして言ったけど、映画は何度も見てもらうことで輝きが増すと思います。この作品は楽しいだけじゃなく、明日に踏み出す一歩のきっかけになれば嬉しいです」と語り、会場は大きな拍手で包まれていた。

[前編]男の子たちの青春と水しぶきがまぶしい人気アニメ劇場版『ハイ☆スピード』
[中編]男の子たちの青春と水しぶきがまぶしい人気アニメ劇場版『ハイ☆スピード』
[後編]男の子たちの青春と水しぶきがまぶしい人気アニメ劇場版『ハイ☆スピード』
[動画]『映画 ハイ☆スピード!―Free! Starting Days―』予告編