「セラピーのような」新作映画、ピクサーの『サンジャイのスーパーチーム』

写真拡大

ピクサーの新作短編映画『サンジャイのスーパーチーム』は、同スタジオ初となる実話を基にした作品だ。監督を務めたサンジャイ・パテルは、果たしてどんな想いを込めて自らの幼少時代を描いたのか。

「「セラピーのような」新作映画、ピクサーの『サンジャイのスーパーチーム』」の写真・リンク付きの記事はこちら

11月下旬、米国ではピクサー最新作『アーロと少年』が公開された(日本公開は2016年3月12日予定)。ピクサーが同じ年に2本の長編映画を公開したのは今回が初となる(今年夏に公開された『インサイド・ヘッド』は、記録的なヒットとなった)。『アーロと少年』は、弱虫で若いアパトサウルスが、スポットという名の少年のおかげで恐怖を克服していくという出来のよい物語だ。

関連記事『アーロと少年』は最高の出来?

本作は、これまでのピクサー映画と比べると、『ライオン・キング』や『ファインディング・ニモ』、『ジャングル・ブック』といったディズニーやピクサーの人気作品(それにブルースカイ・スタジオの『アイス・エイジ』からも少し)の恩恵を受けているといえるだろう。それはそれでいい。風景描画は見事なものだったし、なんといってもピクサーは人々を泣かせるための「感情のツボ」の押し方を知っているのだから。しかしそれでも、100分の映画である『アーロと少年』は、本編の前に上映された6分の短編映画『サンジャイのスーパーチーム』(原題『Sanjay’s Super Team』)ほどの衝撃を与えることはできなかった。

『サンジャイのスーパーチーム』は、『マジシャン・プレスト』『晴れ ときどき くもり』『デイ&ナイト』などと並んで、ピクサーの名作のひとつとなるだろう。だが、今回はこれまでのドタバタ喜劇やファンタジックな短編映画ではない。オープニングにも「ほぼ実話」と記されるように、今作にはルーツがあるのだ。ピクサーの歴史のなかで、実話からアイデアを得た短編映画がつくられたのはこれが初めてであり、それは結果的に、ピクサー史上「最もパーソナルな映画」を生むことになった。『サンジャイのスーパーチーム』は、より優れた、多様な映画表現への扉を開いたのだ。

個人的な感情のはけ口

監督を務めたサンジャイ・パテルは、長い間もがいていた。彼のコミックやアニメ、アートへの愛が、信仰心の強いヒンドゥー教徒である父親の考えと対照的だったからだ。パテルがヒンドゥー教の聖典のひとつである叙事詩『ラーマーヤナ』を初めて読んだのは、35歳のときである。しかし読み始めるとすぐに、彼は創作を発表する場を見つけることになる。部数限定でヒンドゥー教に関する本をつくり、毎年ベイエリアで開催されるオルタナティヴ・プレス・エキスポにもち込んだのだ。その結果、彼は『The Little Book of Hindu Deities』やオリジナルの『ラーマーヤナ』を出版するまでにいたった。

同時に彼は、ピクサーの同僚のなかに気の合う仲間も見つけていた。『インサイド・ヘッド』の共同ディレクターであるロニー・デル・カーメンや、『月と少年』でディレクターを務めたエンリコ・カサローサ。彼らもこうしたイヴェントで、自作のコミックを描いて販売していたのだ。

個人的なアートで自身のルーツをより深く掘り下げることができたのは彼らのおかげだ、とパテルは言う。「ぼくたち全員にとって、コミックをつくるのは個人的な感情のはけ口でした。この小さなチームが生まれたときは、ほっとしたものです。失敗を恐れたり、気を張らなくていい場所というのは誰にとっても必要なのですから」

パテルはのびのびとアートを通じて自身のルーツとかかわれるようになり、彼の作品はニューヨークの「ブルックリンミュージアム」やサンフランシスコの「アジアン・アートミュージアム」で展示されることになった。そして2012年、彼はピクサーの公開ピッチで、ヒンドゥー教の図解を基にした短編映画の構想を提案。コミックを通して自分の文化について学んでいく少年の物語だ。ピクサーのチーフ・クリエイティヴ・オフィサー、ジョン・ラセターはこのアイデアを気に入り、パテルのプロジェクトが始動することになった。

アートという名のセラピー

『サンジャイのスーパーチーム』は当初、もっと多くの人に当てはまるような一般的なストーリーだった。しかし制作の最中に、パテルはラセターに、幼少時代に彼の父親がヒンドゥー教の神々を崇拝していた一方で、パテル自身はテレビに映る神さまを崇拝していたことを話した。ラセターはその個人的な体験をストーリーに盛り込むように勧めた。ラセターも同様に、子どものころの個人的な体験を基にピクサーを成功させ、ディズニーアニメーションに革命を起こした人物だったからだ。

最終的に完成した作品は、幼いサンジャイのスーパーヒーローへの愛と、彼の父親が毎日行う瞑想を対比させたシーンから始まる。コミックを描きながら、サンジャイはヒンドゥー教の神々であるヴィシュヌ、ドゥルガー、ハヌマーンを、スーパーヒーローと同じように描けることに気がつく。白昼夢を見ながら、サンジャイは広い寺院で3人の神が悪魔と闘っているところを目にする。が、それを父親が遮ってしまう。現実に引き戻された彼は、次第に父親との関係を深めていくことになる…。この短編映画は、サンジャイと父のツーショットで終わる。現在のパテルと実の父親の写真とともに。

ピクサーが、短編映画で共鳴を呼ぶような実話に取り組むのは今回が初めてだ。「これ以上にわかりやすいものがあるでしょうか」と『サンジャイのスーパーチーム』のプロデューサー、ニコル・パラディス・グリンドルは言う。「タイトルには『サンジャイ』とありますし、最後には彼と彼の父の写真が出てきます。でもこれは、ジョン(・ラセター)がやるように勧めてくれたことなんです。この話が実際にあったこと、しかも監督の個人的なエピソードであることがわかれば、さらに物語は現実味を帯び、人々は共感することができるのです」

パテルにとって映画をつくるプロセスは、非常に神経の疲れるものであったのと同時にご褒美でもあった。「ぼくにとってはセラピーみたいなものでした」とパテルは言う。「やっとこのコミュニティ、スタジオ、そしてストーリーのなかで自分の居場所を見つけられたような、そんな気持ちです」

ピクサーのアカデミー短編アニメ賞の受賞記録を考えれば、『サンジャイのスーパーチーム』が今年も賞を取ることを期待していいだろう。そして周りの助けや励ましを受けながら今作を描いたパテルに続いて、ピクサーのストーリーテラーたちは今後もパーソナルな物語をつくっていくだろう。

「ぼくが子どものころから見ていたアニメやテレビのなかでは、自分のコミュニティに属する人々の姿を見ることはありませんでした」とパテルは言う。「こんな奇跡があるんですね。自分の姪っ子や甥っ子、そしてアメリカに移住をしてきたすべてのヒンドゥー教の子どもたちに見せられるものをつくることができるなんてね」

TAG

AnimationMoviePixarStorytellingWIRED US