夜の入浴が、質のよい睡眠へ誘う june/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 元フジテレビアナウンサーの平井理央さんが、11月12日放送ので放送され『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に出演。番組では「変な癖」という話題になり、平井さんは「私、夜お風呂入らないんですよ。特に酔っぱらっていると、絶対入らない」とコメントした。

 横にいた大久保佳代子さんが「旦那が迫ってくる時が......」と振ると、「あんまりない。迫られない」と、セックスレスな夫婦生活を匂わす発言。美女アナの意外な癖は、ネット上でも話題となった。

 「不潔だ!」「シャワーくらい浴びろ」「枕がくさそう」という声もあれば、「1日くらい入らなくても平気」と援護する意見もある。

 毎日入るべきかどうかはともかく、この寒い時期にはゆっくりと湯船に浸かって体を温めたほうがいいのは、誰もが実感するところ。さらに、夜の入浴のほうが、体臭を抑えられるうえ、質のよい睡眠を得ることができる。

匂い解消に夜の入浴のほうがいい理由

 朝のシャワーでも、皮脂や体の汚れを落とすことはできる。体の匂いも、通学や出勤の直前にシャワーで洗い落としたほうがよいように思えるが、実はそうではないのだ。

 体に疲れがたまっている時、ストレスがたまった時など、体臭がなんとなくアンモニア臭く感じることがある。解毒するはずの肝臓の働きが悪いのか、はたまた肝臓の働きが追いつかないほどの疲労なのかは違いはあるが、このアンモニア臭をやわらげてくれるのが夜の入浴なのだという。

 ゆっくりと入浴することで、血管が開き血液の循環がよくなる。すると、体内にたまったアンモニアが減少に転じるのだ。朝のシャワーでは、体表の汗は落とせても、体内のアンモニアの減少にはつながらないから、あまり体臭が消えてくれないというわけだ。

体温の変動を味方に、自然に眠りへGO!

 ヒトは、1日のうちで体温が微妙に変化している。起床してから徐々に体温が上がり始め、午後8時頃をピークに下がり始める。目が覚めている活動時に体温は上がり、眠りに向かって下がり始めるのだ。その変動幅は、およそ1度程度といわれている。

 この体温のリズムをうまく利用することで、睡眠の質をアップすることができる。床に入る2時間ほど前にゆっくりと入浴し、リラックスをして一日の疲れをとろう。血流がよくなり、体温も上がる。

 烏の行水では、十分に体が温まらないから効果薄。体の深部がじっくり温まるよう、ぬるめのお湯にじっくり浸かること。女性に多い、冷え性にも効果的だ。

 入浴後は、開いた毛細血管から熱が放散しやすくなっているから徐々に体温が下がり、自然と眠気に誘われるはずだ。このタイミングを逃さずに、入眠することが大切だ。

 ところが、このタイミングを外すと逆効果。お風呂上がり直後に床に入っても、体温が十分に下がっていないからかえって寝つけなくなる。また、入浴後にテレビを見たりネットサーフィンを行ったりしてダラダラ過ごしていると、体が冷えすぎてしまうこともある。

「朝派」でも、この時期は「足湯」をオススメ

 もし、平井アナのように「朝派」の人でも、これからの時期は「足湯」をお勧めしたい。脚には太い血管があるため、温められた血液が全身をまわり、心臓に負担をかけずに、じんわり温まることができる

 足湯には、特別なものは不要。大きめの洗面器に、少し熱めのお湯(42〜43℃)をはり、ふくらはぎから下を浸けておくだけ。15分ほどで体がポカポカしてくるはず。

 お湯にアロマオイルを1〜2滴垂らせば効果倍増。リラックス効果のラベンダーやゼラニウム、抗菌効果のティートリーやユーカリ、温める作用をもつブラックペッパーなどが足湯にオススメだ。

 体が温まると、血のめぐりが良くなり心身がリラックスし、入眠しやすくなります。とくに手足の冷えは、睡眠リズムにかかわる自律神経の乱れと関係する。着衣のままで、読書しながら温まることができるのは魅力的。平井アナ、これならどうでしょう? 
(文=編集部)