最終日はポイントも大きく動くシングルス、日本チームはこのまま逃げ切れるか?(撮影:ALBA)

写真拡大

<THE QUEENS presented by KOWA 2日目◇5日◇三好カントリー倶楽部 西コース(6,500ヤード・パー72)>
 女子4ツアー対抗戦「THE QUEENS presented by KOWA」(ザ・クイーンズ)は愛知県にある三好CCで第2ラウンドを行い、初日4戦全勝の12ポイントで首位スタートを決めた日本ツアーはこの日も3勝1分けで10ポイントを加算。トータル22ポイントで2位の韓国に8ポイント差をつけて大会初代チャンピオンに王手をかけた。
日本チーム2日目も躍進!ライブフォトで振り返る
 最終日は各チーム9選手すべてが出場するシングルス。最大27ポイントが動くとあってまだまだ勝負の行方はわからない。日本チームは第1組目にこの日勝利をつかめず涙を流した成田美寿々が登場し09年の「全英リコー女子オープン」覇者である欧州女子ツアーのカトリーナ・マシューと対戦する。
 2位の韓国チームと直接対決する日本勢は3人。大山志保が第4マッチでキム・ミンソン、第10マッチに登場する渡邉彩香がチョ・ユンジと対戦。そして、最終マッチでキャプテンの上田桃子が今季の韓国賞金ランク2位のパク・ソンヒョンと激突する。
 上田は「3日間必ず勝ち続けることをテーマにやっている。選手1人1人が勝点を持ってくるというのをミーティングでも確認しました」と気合いを込めた。
1位:日本女子プロゴルフ協会(22pt)
2位:韓国女子プロゴルフ協会(14pt)
3位:ヨーロッパ女子プロゴルフツアー(8pt)
4位:オーストラリア女子プロゴルフ協会(1pt)
【最終日組み合わせ】
1:成田美寿々(JLPGA)-カトリーナ・マシュー(LET)
2:ホイットニー・ヒラー(ALPG)-コ・ジンヨン(KLPGA)
3:★ローラ・デービース(LET)-サラ・ケンプ(ALPG)
4:キム・ミンソン(KLPGA)-大山志保(JLPGA)
5:飯島茜(JLPGA)-リンゼイ・ライト(ALPG)
6:キム・セヨン(KLPGA)-メリッサ・リード(LET)
7:ステファニー・ナ(ALPG)-ベ・ソンウ(KLPGA)
8:グラディス・ノセラ(LET)-菊地絵理香(JLPGA)
9:サラジェーン・スミス(ALPG)-エミリー・ペデルセン(LET)
10:チョ・ユンジ(KLPGA)-渡邉彩香(JLPGA)
11:ハンナ・バーク(LET)-★イ・ボミ(KLPGA)
12:笠りつ子(JLPGA)-キャサリン・カーク(ALPG)
13:ナンナコーツ・マドセン(LET)-チョン・インジKLPGA)
14:酒井美紀(JLPGA)-ニッキー・キャンベル(ALPG)
15:カリン・イシェール(LET)-原江里菜(JLPGA)
16:イ・ジョンミン(KLPGA)-ニッキー・ギャレット(ALPG)
17:★レイチェル・ヘザリントン(ALPG)-マリアン・スカープノード(LET)
18:パク・ソンヒョン(KLPGA)-★上田桃子(JLPGA)
※ALPG(オーストラリア女子プロゴルフ協会)、LET(ヨーロッパ女子プロゴルフツアー)、KLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)、JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)
※★はキャプテン
<ゴルフ情報ALBA.Net>