<THE QUEENS presented by KOWA 2日目◇5日◇三好カントリー倶楽部 西コース(6,500ヤード・パー72)>
  女子4ツアーによる対抗戦「THE QUEENS presented by KOWA」(ザ・クイーンズ)の2日目はフォーサムダブルス(2対2のチーム戦で、チームで1つのボールを交互に打ち、打数が少ないチームがそのホールの勝ちとなる)で対決。初日全勝でトップに立った日本チームは、さらに勢いをつけるべく、2日目はイケイケコンビの成田美寿々、大山志保が第1戦目に先発させ、LETのハンナ・バークとメリッサ・リード組にあてた。
大会2日目の模様はライブフォトでチェック!
 成田&大山組は1ホール目を取り、有利に試合を進めていた。しかし後半の13番でオールスクエアに戻されるとその後LET組に押され気味に。劣勢にたたされた成田&大山組は最終18番を1ダウンで迎えたが、何とかこのホールを取り、引き分けに持ち込んだ。
 その他の組では笠りつ子、飯島茜組がALPGを2アップリード。渡邉彩香、菊地絵理香組も2アップリードで13番を終えた。
 さらに上田桃子、原江里菜組はKLPGAのチョン・インジ、キム・セヨン組と対戦。現在11番を終え、4アップと大差をつけている。
 すでに終了した成田、大山組以外の3試合で日本チームはリードを奪っており、有利に試合を進めている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>